> バンクイックの仮審査について

バンクイックの仮審査について

バンクイックとは、三菱東京UFJ銀行のカードローン商品の名称です。
ネットからバンクイックの申し込みを行った場合、仮審査があり、
その結果に基づいて本人資料の提出が求められ、本審査となります。

その本審査の結果によって融資決定が下され、融資実行となります。
最初の申し込みの書類を入力して送信した時点では、仮審査の段階です。
メールもしくは電話にて、結果が知らされます。
バンクイックの場合は大体30分から1時間程度で結果が出ますが、
時間帯や日にちによってはそれ以上となる可能性もあります。

仮審査である程度の利用限度額が決定される

この仮審査によって、おおよそ利用限度額までの決定が出されます。
もし可決となれば求められた本人確認書類などを郵送します。
本審査においては、予め知らされた個人情報などに虚偽の内容がないかといった
確認作業となります。バンクイックの場合の仮審査のウエイトは大きく、
貸金業者が行っている「自動審査」や「3秒審査」などよりも結果の信頼性は高くなります。

仮審査に通ったからと言って絶対に借入れができるわけではない

この可決が後からひっくり返るということはそれほど多くはありません。
しかし絶対でもありません。この審査の結果が融資決定を保証するものではないのです。
提出された本人確認書類などに不審な点や本人の申告と相違があれば、
当然本審査で減額をされたり、最悪は契約までに至らないということもあります。
申し込みを入力する時点できちんと内容を把握し、正確な入力を行いましょう。
それによって本審査の段階で審査内容が変わるという危険性は、大きく回避できます。