> 300万円の即日融資を望む際に気をつけるべきこと

300万円の即日融資を望む際に気をつけるべきこと

毎日の生活の中では、ふとした拍子に思いがけない額の
お金の必要性に見舞われてしまうことも少なくありません。
そんな緊急時にどうしても財布や預金残高に余裕が無かったり、
あるいは親や友人などからの支援も望めそうにない時、
銀行や消費者金融が提供する借り入れサービスならば、
その不足金額を埋め合わせてくれます。

しかも、カードローンやキャッシングという手法を活用すれば
保証人などを立てることなく自己責任のもとで契約が行えるので大変便利です。

借入希望額によって審査のあり方は異なる

その借り入れ金額も数万円から数十万、多いものだと数百万単位に及ぶこともありますが、
キャッシング希望融資額が1万円なのか?300万円なのか?によって審査のあり方も
変わってくるので注意が必要です。
たとえば300万円という額を即日融資してもらいたい場合、
これはカードローンやキャッシングでもかなり大きな額の借り入れに類別されますので、
その分、慎重な審査が行われます。

300万円キャッシングを希望する場合

300万円の融資を依頼する際、まずその申請窓口としては実店舗の窓口や
インターネットの公式サイト、電話、メール、ファックス、自動契約機などが
考えられますが、もしも即日融資が必要であれば、少しでも迅速に処理してもらえて、
なおかつ審査結果もすぐに受け取れる実店舗、ネット、自動契約機などからの
申し込みが妥当です。

こうした窓口にて氏名、住所、年齢、職業、勤務先、年収などの個人情報を記載した後、
300万円の即日融資であればこれに身分証明書と収入証明書の提示が必要となります。
まずは300万円を借りる側である本人の証明を行った上で、なおかつ300万円という
借り入れ額を後に計画的に返済していくだけの能力があることを、
収入額によって証明しなければならないのです。
パソコンやスマートホンで融資申請する場合には、これらの証明書を
カメラやスマホで撮影した画像データをアップロードすることでも受け付けてもらえます。

こうして申請した内容を受けて、金融会社側が電話確認などでそれらの情報の正誤を確認し、
信用機関への照合で過去に返済事故を起こしていたり、多重債務を行っていないかどうかを
チェックします。そして、300万円を融資するだけの信用に足ると判断された場合にのみ、
カードローンなりキャッシングなりの最終許可がおりるのです。

総量規制に注意

注意としては消費者金融などの賃金業者でキャッシングをする場合は総量規制という法律が
大きく関係してきます。この総量規制は年収の3分の1に借入が制限される法律なので、
300万円借りる場合は最低でも年収が900万円は必要になります。注意して起きましょう。